FC2ブログ

カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「テクニカル分析 」カテゴリ記事一覧


保ち合い相場のパターン

 

保ち合い相場とは?

一定の幅で相場が上下して、相場が動かない、または動いても小ぶりな状態のこと。

全体的な特徴としては、『保ち合いが放たれた方向に大きく変動する』

 

保ち合い相場のパターンには様々な形がありますが、全部挙げていくのは無理なので、代表的なものをいくつか挙げていきます。

ボックス型

以下の図は上昇ボックス型で、上の点線を抜けた時が買いサインとなります。逆の時は下降ボックス型で、下の点線を抜けた時に売りサインとなります。

ボックス型-上昇ボックス型[保ち合いチャートパターン]

 

ペナント型

以下の図は上昇ペナント型(逆は下降ペナント型)で、抵抗線とサポート線の幅が次第に狭まっていき、頂点で相場が大きく動きやすいのが特徴です。上下のどちらに動くかはわからないので、動き出してトレンドを確認した後に注文を出した方がいいですね。

ペナント型-上昇ペナント型[保ち合いチャートパターン]

 

逆ペナント型

以下の図は逆ペナント型と言い、抵抗線とサポート線の幅が次第に広がっていき、上抜けもしくは下抜けした時が買いサイン・売りサインとなります。

 

逆ペナント型-上昇逆ペナント型[保ち合いチャートパターン]

 

ダイヤモンド・フォーメーション

これは・・・判断が難しいですね。注文のタイミングに関しては他のものと変わりはないのですが、しばらく相場を見てないと判断しずらいので、ちょっとだけ慎重にチャートを見てみてください。

 

ダイヤモンドフォーメーション-上昇[保ち合いチャートパターン]ダイヤモンドフォーメーション-下降[保ち合いチャートパターン]

 

まぁ、とりあえずこんな感じですね。保ち合い相場はかなりよく見られるものなので、覚えておいた方がいいですよ!!

 

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ダブルトップ・ダブルボトム

ダブルトップとは、相場が2つの山を形成した後に下落するパターンです。

逆に2つの谷を形成した場合にはダブルボトムと言います。

以下はダブルトップの簡略図です。(自分で書いたので、下手でごめんなさい。。。)

 

ダブルトップ  

線が細くて色がわかりにくいかも知れないんですが、赤色の線を抵抗線青色の線をネックラインと言います。

基本的に前回の高値(安値)は意識されやすく、2番天井になりやすいです。

そして、ネックラインを超えると、大幅な下落(上昇)が予想されるため、売り(買い)サインとなります。

 

今回は図が簡単だったから自分で書いてみたのですが・・・・やはりうまく書けないので、次回からはまた他サイト様からパクって来るかもしれませんwww

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ローソク足について

 

ローソク足とは・・・

以下のように、終値と始値の位置の関係で、色づけして、高値、安値の分だけヒゲをつけます。

画像は、、、、パクリです(;・∀・)

 

ローソク足9つの基本型

 

















































































 

14つの応用型




























































































 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 


























































下 上
位 位
置 置
に に
出 出
現 現
は は
買 売
い り
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ちなみに、これは自分がローソク足について学ぶ時に参考にしたサイト様からの転載です。
たぶん、一番詳しく説明しているのではないでしょうか。。。図もわかりやすいし、言うことないですね。
何も記載がなかったので勝手に使ってしまいましたが、もしダメな場合にはご連絡ください。
ちなみに自分が参考にしたサイト様へのリンクはコチラです
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

Vトップ・Vボトム

 

最近のチャートを見てたのですが、あんまり良い感じの図がなかったので、画像は他サイト様からのパクリです(^ー^;)

べ・・・別に自分で書くのが面倒だったわけじゃないんだからねww

・・・と、書き始めたのはいいのですが、ローソク足についての説明がまだでしたね。。。。

ローソク足については次回説明するとして、先に進めます。

t11a4.gif

この形はVトップと言って、高値圏での急激な上昇(A⇒B)があった場合に多く見られます。

Vボトムは逆のパターンで、安値圏での急激な下落を見せた時に見られます。

ただ、事前予測が難しい上に、上昇分の三分の一くらい(B⇒C)は非常に短期間で戻るので、タイミングを掴む暇がありません。

 

ローソク足が以下のような時に起こる可能性が高いと言えます。

高値圏

トンボ   

トウバ  

低値圏

たぐり線  

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

チャートの解析始めます

 

とりあえず、ファンダメンタル分析に関しての説明が一段落ついたので、テクニカル分析に入ります。

色々他に思いついたら違うことの説明とか混ざるかもだけど、その辺は察してください。

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)