FC2ブログ

ボリンジャーバンド

 

この手法も前回の移動平均線と同様に使用している人が多く、少なからず相場に影響をもたらします。

これは、確率、統計、標準偏差を用いた分析なのですが、チャート昨日が優れた会社であれば、普通に表示させることができるので、これらの計算方法などは説明しません。

てか、それは俺もよくわかりません。。。

なので、表示させたあとの段階、つまり図の見方のみを説明いたします。

下の図を見てください。

ボリンジャーバンドのチャート

 

真ん中の水色の線が移動平均線です。

水色の上下にある緑色の線が±1σ

の上下にある黄色の線が±2σ

黄色の上下にある紫の線が±3σ

です。カラフル過ぎて見えにくかったらごめんなさい。

 

これらの線は、すべてが抵抗線・サポート線であり、

「-1σ」~「+1σ」の間に値が存在する確率は68.3%


「-2σ」~「+2σ」の間に値が存在する確率は95.5%


「-3σ」~「+3σ」の間に値が存在する確率は99.7%

となります。

 

ただ、レートが収束(幅がどんどん狭まる)した時は、大きく動く前兆の可能性があるため注意しなければならない。

また、並行になっている場合は、ボックス相場を形成する可能性が高いため、それに見合った対処方法を考えてください。

すなわち、 ±3σよりも上にいったり下にいったりする確率はほぼ無いに等しく、±2σの上下に行く確率もかなり低いため、この値の時が、買い時、売り時になります。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)