FC2ブログ

移動平均線

 

久々のチャートの解析です。

今回は移動平均線について説明します。

一般的にチャートには長期と短期の2種類の移動平均線が表示される。

  • 長期移動平均線は、週足では26週線、日足では25日線、日中足では4時間線を示すことが多い。
  • 短期移動平均線は、週足では13週線、日足では5日線、日中足では1時間線を示すことが多い。

特に長期移動平均線は、株価のトレンド(基調)を暗示する場合が多く、これが上を向いているか、下を向いているかを見るだけで、株価の今後の変動を予測することが可能である。

(wikipediaより引用)

 

このように、移動平均線では単体でトレンドの把握も可能なのですが、、、、

・短期移動平均線ではレートに敏感に反応するが、だましが生じやすい

・長期移動平均線ではシグナルが遅れるため、短期の取引には向かない

 

という要素があるため単体で見るのではなく2つを複合して考えましょう。

 

上記の図は株価のチャートの図(パクリ)ですが、オレンジが長期移動平均線緑が短期移動平均線です。

 

ゴールデンクロス・デッドクロス

ちょっと見えにくいかもしれませんが、上の図で2つの線が交差している点があります。

短期移動平均線長期移動平均線下から上に突き抜けた場合をゴールデンクロスと言い、買いサインです。

短期移動平均線長期移動平均線上から下に突き抜けた場合をデッドクロスと言い、売りサインです。

基本的にはこの2つを押さえておけば大丈夫だと思います。

なぜなら、この分析方法は様々なトレダーが使用している方法なので、それだけで相場を動かす力があるからです。

 

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)