FC2ブログ

ひ~ま~

昨日の記事は今の俺の爽やかなイメージに合わない気がしたので、真面目な人には見えないようにしましたwwwwまたいつか忘れたころに公開予定。


今日は夜まで暇です。

昨日友人に渋谷に行こうと誘われたのですが、休日の渋谷は人混みがすごくて拒否反応があるので行きませんでした。


で、オークスがあるから行こうかとも思ったのですが、夜に予定があるので断念。
まぁ一番人気のブエナビスタが人気も実力も圧倒的でオッズも期待できないので行かなくて正解ですね。


話を変えます。



さっきボクサーのドキュメンタリーみたいなのを見たので、俺がボクシングをやっていた時の話とボクシングジムの事の話を少しします。たぶん今まで書いたことないよね。




俺がボクシングをやっていたのは中学の頃。

最初に入った時にはかなりドキドキしていた。

当時は俺もちょっとだけつっぱっててやたらピアスが大きかったり金髪だったり・・・・色んな事をしていたりして何回か警察のお世話にもなっていたような感じだったのですが、そんなやんちゃ坊主からしても会長はかなり恐かったです。(地元のジムの間で有名なほど恐い人だった)


強面だし怒るとすぐ殴るし壁やドアを壊すし・・・・・かなり恐かったww


でも、言ってることは無茶だけど正論だし、ボクシングを愛しているからこその言葉や態度だと思ったから納得していた。


で、練習はかなり楽しかった。

会長にミットを持ってもらうと死にそうなくらいに疲れて、吐いたこともあるけど、その分強くなれた。

恐かったけど嫌いではなかった。

トレーナーの人は優しかったから、いいバランスだったのかも。


いつものように何を書きたいのかわからなくなってしまったのだが、ボクシングジムは家族のようだと思います。

なんていうか・・・・・信頼関係みたいな?よくわからんけど、そうゆうもんがあるからこそキツイ練習でも耐えられる気がする。


てか、なぜか格闘技は一度始めると止められないんですよね。。。。。。
不思議なものです。



高校時代にラグビーではなくボクシングを取っていれば今頃は普通にプロになっていたことでしょう。

てか、高校時代にプロになっていたでしょう。

今考えると惜しいことをした気もします。


で、今度「地下格闘技」に出てみたいんですよ。
今の自分がどれくらい出来るのかを試したい。

具体的に言うと、『KRUNCH』やら『喧王』やら『武将』やら『強者』やらに出ようかなと考えています。(出れるかわからんけどww)


そんなこんなで最近では軽く筋トレをしたり走ったりしているのですが、依然として体はブヨブヨですwww


ん~また雑談になってしまったww


暇だからしょうがないね。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)