FC2ブログ

柚菜さんへの回答

前回の記事で柚菜さんからコメントを戴いたのですが、その返答を書いていたら思いのほか長くなってしまったので記事にして返そうと思います。

戴いたコメントは以下

「私は経済については無知(一般常識くらいまでしか知らない)なのですが、
形がなくて、理論で説明できて、現実社会を動かしているものは大好きです。
正確にいうとそういうものについて考察するのが大好きですww
その辺頼朝さんとは気が合いそうな気がする、とたまに勝手に思っております(・∀・)笑

どうでもいいですけど…
法律と政治って大学では「法学部」としてくくられることが多いですけど、法律家と政治家となると全く別物ですよね。
ちなみに私は小さい頃政治家になりたいと思ってましたww
政治家の現実が見えてきてからは全く思いませんけどwww」



回答は以下


「ん?俺は形のないものも好きですよ。ロマンチストなのでwww

形のあるものは徹底的に考察して、形のないものは徹底的に感じるという方法で世の中を見ているのですよ。理論的に考えて、感性で感じる、両方を持っていたいので。

俺も柚菜さんとは気が合いそうな気がしますよ。ただ、意見の食い違いなどがあるとどちらもゆずらなそうですがwww

>法律家と政治家はまったく別物
その通りだと思います。ただ、どちらの分野の専門家だとしても、両方の切り口の考え方を持っていなければ功を成すことは難しいとも思います。それはどんな分野でも同じなのですが、色んな切り口での解釈が出来ないと答えには辿り着かないでしょうから。


ちなみに俺は政治家になりたいとは思いませんが、政治のシステムを変えたいとは常日頃から思っています。本来の政治家の在り方は「地域住民の代表者」だと思っているので、政治家が公約を掲げてそれの評価で選挙を行うのも間違っていると思うし(その人自身の人柄とかリーダーシップで判断すべき)、政党に投票するのもそもそも間違っている(人それぞれ、地域それぞれで考え方が違うのだから政党を評価するのは間違っている。政党内のすべての人がすべての議題において同じ意志であるはずがない。)さらにそこに国が資金援助している(政党助成金)のはあり得ないと思います。(勝手に集まって意見を統一しているだけなのに金が入るのはおかしい。)

だからそのようなシステムを変えたいです。(それが世界標準であることは否めないが。。。。。)

納得いかないけど決まっていることを「諦める」のではなくて「変えていく」考え方を常に持っていたいです。だからこそ今は色んな事を経験して勉強してどこで何を言っても恥ずかしくないような人間になりたいです。」



こんな感じです。ほぼ自分のことですねwww


最後になりましたが、柚菜さんのように色々考察する人好きですよ~ww

感性で生きてる人も好き~ww

頭の中は白(何も考えない)か黒(考えで埋め尽くされてる)がいいですね!!!

でも実は色としては、何もないのが黒で、すべてを合わせたのが白だったりするわけです。
まさに表裏一体ですね(笑)


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

No Subject
ちょおwまさかの記事でのお返事ww
ありがとうございます!(´ω`)

確かに…気は合いそうだけどお互い譲らなさそうww
ゼミに2人以上いたらめんどくさいタイプですねwww

>政治のシステムを変えたいとは常日頃から思っています。
私も理不尽なことをいろいろ自分の手で変えたくて政治家になりたいと思ったんですよ、
小さい頃は単純ですからw
でも政治家になったところで何もできないであろうことも分かったので
(家柄とか力とかないですからね)、
何かを動かすのであれば官僚かな、と公務員になることも考えたんですよー(・∀・)
ただ、官僚も本当に何かを動かせるくらい権力に近くなるとしがらみも多くて必ずしも「正義」じゃないんですよね。
だからこんな道に進んでしまったわけですww

話がそれましたが、
政党も本来は民意を集約する合理的な手段であったはずなんですけど、
もはやそれも理論上の話っていう感が否めないですよね(´Д`)
まぁこれ以上話すと私が憲法苦手なのがバレそうなのでやめておきますwww

また気が向いたら何かについて考察しませう笑

長々と失礼致しましたー(´Д`υ)
柚菜さん
俺は高校時代に母に政治や世の中の不条理さについて話した時に
「お前の考え方はヒトラーに似ている。危険だから変えなさい。」
と言われたことがあります。(伝記などを読んで自分でも納得したww)

自分なりの正義を貫こうとする人間は時として排他的になりやすいですから。。。。。


柚菜さんは「正義」を求めて法の世界に向かっているのかも知れませんが、俺は法は「正義」ではないと考えています。

だから法律を独学で勉強して法を貶める手段を考えているわけですww

法律家になったところで、異を唱えることは出来ても結局は法の柵から解放されることはないですし、俺は柵の外でアプローチをかけていきたいと考えています。
ただそれに関しても暴力や軍事的なものではなくて、もっと狡猾にやりたいと思っているのですがwww


ポリシーの部分に触れると、どうも長くなりすぎますねwww
柚菜さんとはいつかどこかで議論の場を設けて、そして打ち負かしてやりたいものですwwww(今のところは勝てる気はしないけど)

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)