FC2ブログ

指値・逆指値

売買注文をするときには指値注文と逆指値注文があります。

両方とも値段を指定して買うことには変わりないのですが、意味は大きく異なります。


まず、指値で売り注文を出した場合、指定した値段よりも高くなったら売ります。
買い注文を出した場合には、指定した金額よりも安くなったら買います。


逆指値の場合は・・・もう予想はついてるとは思いますが、売り注文の時は指定した金額よりも安くなったら売り、買い注文の時は、指定した金額より高くなったら買います。


ちなみに、成行注文は、現在のレートですぐに買いたいときに使います。この場合、誤差を設定できる会社が多く、もしその誤差の間で買えない時でも再提示などがあるので、だいたい希望通りの値で買える事が多いです。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)