FC2ブログ

ダブルトップ・ダブルボトム

ダブルトップとは、相場が2つの山を形成した後に下落するパターンです。

逆に2つの谷を形成した場合にはダブルボトムと言います。

以下はダブルトップの簡略図です。(自分で書いたので、下手でごめんなさい。。。)

 

ダブルトップ  

線が細くて色がわかりにくいかも知れないんですが、赤色の線を抵抗線青色の線をネックラインと言います。

基本的に前回の高値(安値)は意識されやすく、2番天井になりやすいです。

そして、ネックラインを超えると、大幅な下落(上昇)が予想されるため、売り(買い)サインとなります。

 

今回は図が簡単だったから自分で書いてみたのですが・・・・やはりうまく書けないので、次回からはまた他サイト様からパクって来るかもしれませんwww

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

久々のパチンコ

 

今日はめずらしく一日予定が空いたので、久々にパチンコ打ってきました。

負けました。。。。

やっぱ、適当に打っちゃ勝てないね。

 

等価で18回転くらいしてたから、ボーダーは超えてるかな?っと思って打っていたのですが、ダメだぁ

 

やはりギャンブルは潮時だね。

 

5号機以降スロットは打つのやめてたのですが、パチンコもキツイね。

 

何でこんなに規制かかるんだろ?

 

負け分は変わらずに勝ち分だけ減ってる気がするのは俺だけ?

 

スロットで生計立てられてた時代が懐かしす。。。。

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ローソク足について

 

ローソク足とは・・・

以下のように、終値と始値の位置の関係で、色づけして、高値、安値の分だけヒゲをつけます。

画像は、、、、パクリです(;・∀・)

 

ローソク足9つの基本型

 

















































































 

14つの応用型




























































































 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 


























































下 上
位 位
置 置
に に
出 出
現 現
は は
買 売
い り
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ちなみに、これは自分がローソク足について学ぶ時に参考にしたサイト様からの転載です。
たぶん、一番詳しく説明しているのではないでしょうか。。。図もわかりやすいし、言うことないですね。
何も記載がなかったので勝手に使ってしまいましたが、もしダメな場合にはご連絡ください。
ちなみに自分が参考にしたサイト様へのリンクはコチラです
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

Vトップ・Vボトム

 

最近のチャートを見てたのですが、あんまり良い感じの図がなかったので、画像は他サイト様からのパクリです(^ー^;)

べ・・・別に自分で書くのが面倒だったわけじゃないんだからねww

・・・と、書き始めたのはいいのですが、ローソク足についての説明がまだでしたね。。。。

ローソク足については次回説明するとして、先に進めます。

t11a4.gif

この形はVトップと言って、高値圏での急激な上昇(A⇒B)があった場合に多く見られます。

Vボトムは逆のパターンで、安値圏での急激な下落を見せた時に見られます。

ただ、事前予測が難しい上に、上昇分の三分の一くらい(B⇒C)は非常に短期間で戻るので、タイミングを掴む暇がありません。

 

ローソク足が以下のような時に起こる可能性が高いと言えます。

高値圏

トンボ   

トウバ  

低値圏

たぐり線  

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

チャートの解析始めます

 

とりあえず、ファンダメンタル分析に関しての説明が一段落ついたので、テクニカル分析に入ります。

色々他に思いついたら違うことの説明とか混ざるかもだけど、その辺は察してください。

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ファンダメンタル分析まとめ

 

ちょっと説明が足りない気がしますが、主要通貨(ドルユーロ)の指標と重要人物と政策金利については軽く書いたので、とりあえずまとめです。後で書き直す・・・・というか書き足す予定なので、かなり適当デス。。。

 

重要人物

バーナンキFRB議長ドルの政策金利の発表などをする人
トリシェECB総裁ユーロ関係の最重要人物
ポールソン米財務長官アメリカ人
白川日銀総裁を司る人

 

各国の重要指標と政策金利

アメリカ
ユーロ
日本

 

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ブログシール

なんとなく時間が空いたからブログを回っていたのですが

 

ブログシールって面白いですね!!!

 

何かうれしくなって、ついつい貼っちゃいましたよwww

 

ちなみに、今貼ったばっかりだからブログシール的には皆さん「1回目の訪問」になってます。

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

トラックバックに関するお願い

 

トラックバックを送っていただけるのは大変喜ばしいことなのですが・・・・・

 

まったく関係のない文章や、情報商材の宣伝はちょっと。。。。ねぇ。。。

 

ってことで、トラックバックの表示は管理人の承認が必要なように設定しなおしました。

 

よろしくお願いしますね~

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ユーロの重要指標と金利政策

 

重要指標

なんでか知らないけど、ユーロ圏の中ではドイツの指標がかなり重要視されていますので、指標に関してはドイツを見るのが、相場を予想する上では重要ですね。

指標発表元発表時間
政策金利発表ECB上旬~中旬
GDPEU統計局?中旬
IFO景況指数ドイツIFO経済研究所中旬

 

金融政策

ECBが開催するECB政策理事会で決定されます。

毎月第1・3木曜に開かれます。

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

日本の重要指標と金利政策

 

重要指標

日本の指標は基本的にはあまり市場を与えないので、必ず押さえておくのは以下の3つで十分です。

指標発表元発表時期
GDP内閣府各月中旬
日銀短観日本銀行4,7,10,12月
消費者物価指数総務省月の最後の金曜

 

金融政策

日本銀行の金融政策決定会合は毎月2回行われ、翌営業日に基本方針が公表され、総裁の記者会見があります。

また、4月と10月には経済・物価情勢の展望が公表されます。

 

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

アメリカの重要指標と金利政策

重要指標

指標発表元発表時期
雇用統計米労働省第一週金曜
消費者物価指数米労働省中旬
生産者物価指数米労働省中旬
小売売上高商務省第2週
GDP商務省下旬
貿易収支商務省20日前後
対米証券投資財務省中旬

 

金利政策

FRBによるFOMCで、短期金利の指標であるFF金利が決定されます。

FOMCは約6週間間隔で開催され、FOMCの3週間後に議事録が公表されます。

金利は相場に多大な影響を与えますし、サプライズになることが多いので、注目です!!!

 

 

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

昨日と一昨日は・・・


友達が遊びに来てまして、1回しか更新できませんでした。。。。申し訳ない。


今日は予定が何もなくて暇なので、たぶん何回か更新できるかと思います。



期待しないで待っててくださいwwww


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ブッシュ米大統領

この人は説明する必要もないくらい有名な人ですが、クリントンの前の大統領だったブッシュの子供です。家柄がよくて、地盤もしっかりして、親の七光りで大統領になった人です。。。。。

ごめんなさい。ただの嫉妬ですwww



で、あまり頻繁にあるわけではないのですが、ブッシュ米大統領が大々的に声明を出す時はやはり注目しなくてはなりません。

特に、雇用GDP物価などの財政的な話ををブッシュ米大統領自ら発言したときには相場はかなり動きます。

普段はあまり気にしなくてもいいのですが、ニュースなどで、声明の予告みたいなのがあった時には注目してください。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

白川日銀総裁


言わなくても知ってると思いますが・・・・日銀は日本銀行の略で、日本の中央銀行です。


金融政策などを司り、流通量をコントロールすることで、物価を安定させています。

すなわち、日本経済を支えている機関であるので、総裁の発言には注目する必要があります。


為替の市場の中心はドルユーロなのでバーナンキFRB議長トリシェECB総裁白川日銀総裁の発言は欠かせないですね。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ポールソン米財務長官


米財務省はアメリカ合衆国の通貨の受け入れや管理の責任をになっており、金融政策や財政政策を決定する上で、重要な役割を担っている。



よって、この人の発言もかなり重要で、押さえておくべきである。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

トリシェECB総裁

ECBとはユーロ圏15カ国(2008年8月現在)の金融政策を担う中央銀行の略称です。

米ドルとともに世界の主要通貨であるユーロの政策の決定権を有するため、バーナンキFRB議長トリシェECB総裁はFXの取引をするにあたって、絶対に抑えなければいけない重要人物である。

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

バーナンキFRB議長


まず、FRBとは連邦準備制度理事会の略です。

これはアメリカの中央銀行を統括する組織で、要するに中央銀行の親玉ですw

日本に例えると日銀の幹部たちのようなもの。

そして、その組織の現在のトップがバーナンキFRB議長なわけです。


FXをやる上で、この人は一番重要な人物と言っても過言ではありません。

相場の中心が米ドルである以上、アメリカの金融政策政策金利の動向とともに相場が動きます。

この人はそれを発表する人なのです。

ですからこの人の発言には耳を澄ませておいてください。

この人の発言ひとつで100pips以上動くこともあるのですから・・・
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

とりあえず報告

 

えっと・・・やっと10万貯まりました(#^.^#)

貯金を始めてからもうすぐ一か月ですね。ホントは月に15万貯める予定だったのですが、バイトだけじゃ10万が限界ですね。

食費とかはできる限り削っているんですが、光熱費と車の維持費で結構持って行かれます。

今も地味に取引はしてるんですけど・・・地味すぎて公開できません(笑)

なので、今月終わりか来月には1000通貨単位での取引を本格的に再開しようかと画策しています。

期待しないで待っててくださいね。

でも、その間も思いつく限り取引の解説をしていくので、たまに遊びにきてやって下さいwww

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

株とFXの違いのまとめ

株とFXの違い

リンクをクリックすると説明に飛ぶので、参考にしてください

少ない資金で大きな取引FX≧株
少数の筋が動かしにくいFX≧株
24時間取引可能FX≧株
銘柄の数FX=株
ストップ高・ストップ安FX=株
配当の違いFX=株

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

スプレッド0pips~!?

暇つぶしに良い業者がないか探していたところ・・・・ありましたwww


なんとスプレッド0pips~ですって!!!!


で、ちょっと調べてみたのですが、

7FX(セブンエフエックス)会社の歴史もそんなになく、信用度は?の付くとこだけど、ドル円スプレッドpips~だし、他の通貨についても格段に低い!!!取扱通貨が少ないのが気になるけど、それ以上の魅力があるから問題なし!!
スプレッド0pips~
レバレッジ200倍
取扱通貨数7種類

 

って感じです。どぉでしょうか?自分はちょっと試しに口座開設だけしてみて、スプレッドが本当に0pipsの時があるのか、それがどのくらいの割合であるのかを調べてみてもいいかなと思っています。

ただ・・・・広告のセンスはあまり良くないようで、どっかのサラ金みたいですね(笑)

 

7FX(セブンエフエックス)
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

豪雨

昨日と今日と、すごい大雨で建物から出られません。

今日はホントは洗車の日だったのに行けるはずがありません。

何か家にこもりっきりじゃつまんないなぁ。


でも、こんな雨じゃ外に行けん!!!夕飯の買い出しにも行けん!!!!


しかも雷まで・・・停電が心配ですよ。。。


涼しいのは良いことだけど、ちょっと節度をわきまえなさい!!!!


いっぱい降れば良いわけじゃないんだからね!!!
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

通貨に関してのまとめ

 

メジャー通貨

米ドルUSD
ユーロEUR
JPY

 

低金利通貨

JPY
米ドルUSD
スイスフランCHF

 

高金利通貨

ポンドGBP
豪ドルAUD
NZドルNZD

 

超高金利マイナー通貨

南アフリカランドZAR
トルコリラYTL
アイスランドクローナISK

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

アイスランドクローナ


アイスランドは国民一人当たりのGDPが世界4位と、非常に高い数値を出しています。

ただ・・・人口が30万人くらいしかいないので、一部が稼いでるだけかもしれませんが・・・

そして、物価がものすごく高いです。

自分が知ってるのはこれくらいです。

今のところは様々な面でリスク回避できる可能性が低いので、自分は取り扱う気は一切ありません。


買いたい人はどうぞご勝手にwww


FX取引ならヒロセ通商へ
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

トルコリラ

文字色
トルコは、中東の石油をヨーロッパに輸出するパイプラインとして石油産業が発展しています。
また、EUに加盟申請していることもあり、BRICs(ブラジル、ロシア、インド、中国)に続く新興国として注目されています。

そして、なんといっても超高金利であるため、日本の投資家には人気急上昇中の通貨です。

しかし、やはり情報面でのリスクがあるため自分はあまりお勧めしません。

それに信用度も現在ではあまり確かなものとは言い難いので・・・・個人的には取引しようと思いません。

それでも、スワップ狙いの人には非常に有利な通貨であることは事実なので、取引できる会社は挙げておきます。

FX取引ならヒロセ通商へ
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

南アフリカランド


南アフリカランドは世界でもトップクラスの政策金利の高さで、スワップ狙いの人はぜひ押さえていく必要があります。


近年成長が著しく、2010年サッカーワールドカップの開催国でもあるため、更なる成長が期待されています。

また、通貨の信用度ですが、ドルユーロなどのメジャー通貨はもちろん、NZドル豪ドルなどの他の高金利通貨よりも信用度は低く、リスクを伴います。


また、情報面においても劣るので、自分はあんまりおススメしません。


ただ、南アフリカは金やプラチナなどの地下鉱山資源が豊富にあり金価格とともに高騰する特徴があるので、金の変動を見ていけばある程度の予想ができ、リスクを抑えることができます。

スワップ狙いで南アフリカランドを買おうと思っている人がいましたら、このことを頭の片隅にでも残しておいてください。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

NZドル


NZドルはニュージーランドドルのことであり、通貨コードはNZDである。

何故かは知らないが、基本的には豪ドルと似たような動きを見せることが多い。

NZドルは、豪ドルポンドと並んで歴史的にも高金利を保ってきた通貨であるが、経済見通しんの悪化から、年内に利下げするであろうことが予想される。


先行きは少しだけ不安かも。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

豪ドル


豪ドルとはオーストラリアドルのことで、通貨コードはAUDである。

豪ドルは、NZドル、ポンドと並んで、歴史的にも高金利を保ってきた通貨であり、極端に政策金利が下がることは考えにくいのだが・・・・・今後の見通しはあまり良いものではない。


ちょっと前までは利上げ予想がなされていたのだが、このところの弱い景気指標や株価の低迷で、利上げ予想は打ち消され、現在市場では今後12ヶ月間に金利が50ベーシスポイント低下することを予想している。(2008年8月4日現在)


このことから豪ドルはしばらく軟調が続くと予想される。

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

アクセスランキング


この度、ブログのサイドバーにアクセスランキングを設置することにしました。


相互リンクを募集しようかとも思ったのですが、自分のサイトはまだまだ不十分であり、リンクを貼って欲しいなどとはなかなか言えないもので・・・・


そのうち考え方も変わるかも知れませんが、しばらくは相互リンクは募集するつもりはありません。


あと、アクセスランキングについてですが、少し前から統計を取ってはいたのですが、今のところはランキングがほとんどで、他には自分がコメントを残したサイト様、もしくはよくわからないサイト様がありますが、とりあえず自分が軽く確認した後にランキングに反映させるようにしてありますので、そこのところはご了承ください。


一応報告でした。

てか、説明下手ですいません(。>_<。)
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

バーチャルFX


前々から自分はバーチャルでFXをやっているとは書いていたのですが、それについて書いてなかったので、紹介したいと思います。


ルールは最初に5百万を持ち、それをいかにして増やせるかというもの。商品は豪華で、1位にはアルファロメオ、2位は海外旅行です。

もし興味がある人は以下のバナーより試してみてください。もちろん参加費は無料です。


外為どっとコム
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ユーロ

ユーロはEU(欧州連合)加盟国27カ国中15カ国が公式採用している通貨であり、現在ドルと並んで世界通貨の中心的存在である。


以下のグラフのようにユーロは導入初期こそ安かったものの、現在では安定して高い価値を保ち、信用もかなり高い。

350px-JPY-EUR_v2_svg.png


また、重要な主要通貨であることから、為替相場に与える影響もかなり大きいものであるので、ドルとともに傾向を逐一チェックする必要がある。



しかし、個人的には傾向はチェックするがあまり取引には使わない。

理由は、金利もそれほど高くないし、変動幅もたいして大きくないので、スキャルが好きな自分には向かないから。

まぁ、その辺は人それぞれだろうから別にいいけど、為替をやる以上、チェックだけは欠かしてはいけません。

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)