カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「通貨について 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

通貨に関してのまとめ

 

メジャー通貨

米ドルUSD
ユーロEUR
JPY

 

低金利通貨

JPY
米ドルUSD
スイスフランCHF

 

高金利通貨

ポンドGBP
豪ドルAUD
NZドルNZD

 

超高金利マイナー通貨

南アフリカランドZAR
トルコリラYTL
アイスランドクローナISK

スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

アイスランドクローナ


アイスランドは国民一人当たりのGDPが世界4位と、非常に高い数値を出しています。

ただ・・・人口が30万人くらいしかいないので、一部が稼いでるだけかもしれませんが・・・

そして、物価がものすごく高いです。

自分が知ってるのはこれくらいです。

今のところは様々な面でリスク回避できる可能性が低いので、自分は取り扱う気は一切ありません。


買いたい人はどうぞご勝手にwww


FX取引ならヒロセ通商へ
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

トルコリラ

文字色
トルコは、中東の石油をヨーロッパに輸出するパイプラインとして石油産業が発展しています。
また、EUに加盟申請していることもあり、BRICs(ブラジル、ロシア、インド、中国)に続く新興国として注目されています。

そして、なんといっても超高金利であるため、日本の投資家には人気急上昇中の通貨です。

しかし、やはり情報面でのリスクがあるため自分はあまりお勧めしません。

それに信用度も現在ではあまり確かなものとは言い難いので・・・・個人的には取引しようと思いません。

それでも、スワップ狙いの人には非常に有利な通貨であることは事実なので、取引できる会社は挙げておきます。

FX取引ならヒロセ通商へ
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

南アフリカランド


南アフリカランドは世界でもトップクラスの政策金利の高さで、スワップ狙いの人はぜひ押さえていく必要があります。


近年成長が著しく、2010年サッカーワールドカップの開催国でもあるため、更なる成長が期待されています。

また、通貨の信用度ですが、ドルユーロなどのメジャー通貨はもちろん、NZドル豪ドルなどの他の高金利通貨よりも信用度は低く、リスクを伴います。


また、情報面においても劣るので、自分はあんまりおススメしません。


ただ、南アフリカは金やプラチナなどの地下鉱山資源が豊富にあり金価格とともに高騰する特徴があるので、金の変動を見ていけばある程度の予想ができ、リスクを抑えることができます。

スワップ狙いで南アフリカランドを買おうと思っている人がいましたら、このことを頭の片隅にでも残しておいてください。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

NZドル


NZドルはニュージーランドドルのことであり、通貨コードはNZDである。

何故かは知らないが、基本的には豪ドルと似たような動きを見せることが多い。

NZドルは、豪ドルポンドと並んで歴史的にも高金利を保ってきた通貨であるが、経済見通しんの悪化から、年内に利下げするであろうことが予想される。


先行きは少しだけ不安かも。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。