カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「テクニカル分析 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

テクニカル分析まとめ

 

ローソク足について

ローソク足とは・・・チャートのチャート上にあるローソクのような形のもの。

これを基にしてトレンドの傾向やタイミングなどを考えることができる。

詳しい説明は⇒ローソク足の説明

 

チャートの読み方

V トップ・Vボトム

ダブルトップ・ダブルボトム

ボックス型(保ち合い相場)

移動平均線

ボリンジャーバンド

一目均衡表

 

前にも書きましたがチャート分析はまだまだ他にもみるべき点があるので、希望がありましたら他の物についてもできる限り解説いたします。

スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

チャート分析について

 

自分は基本的には逆張りが嫌いです。

 

なぜかと言えば、20万位損をした時にはチャートの様子から逆張りをしたのですが、トレンドがあまりにも強すぎたのか、重要指標が重なったか(よく覚えていない)で負けたからです。

だから、今のところはRSIとかストキャスティクスとかは説明する気もないし、知識もそんなに持ち合わせてません。

ですので、そろそろまとめに入ろうと思うのですが・・・・どうでしょう??

中途半端でしょうかね?

 

まぁ、逆張りの時に使うような手法を説明してほしいって人がいたら言ってください。

調べてから説明しますので。。。

とりあえず、要望がなければ次回にまとめをしますね

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

一目均衡表

一目均衡表は、次の5つの補助線及び日々のローソク足で構成される。

転換線=(過去9日間の高値+安値)÷2

基準線=(過去26日間の高値+安値)÷2

先行スパン1={(転換値+基準値)÷2}を26日先にずらしたもの

先行スパン2={(過去52日間の高値+安値)÷2}を26日先にずらしたもの

遅行スパン=(本日の終値)を26日前にずらしたもの

(wikipediaより引用)

 

とりあえず、上記の事項を覚えておいてもらった上で、話を進めます。

Ichimoku

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっと図が小さすぎて見えにくいかもしれませんが、ローソク足のチャートと5本の線があるのがわかると思います。

細かい説明は苦手なので、簡単に売りと買いのポイントだけ説明しましょう。

●転換線と基準線のクロス

上方向にクロスした場合には上昇トレンドが形成されるため、買いが有効。逆に、下方向にクロスした場合には、下落トレンドが形成されるため、売りが有効となります。

 

●遅行スパンと26日前のローソク足のクロス

このような場合には、本格的なトレンドが形成される可能性が高いため、順張り(トレンドと同方向の売買)が妥当です。

 

ま、こんなとこでしょう。

自分はあまり一目均衡表は参考にしていないので、軽めの説明にしました。

でも、覚えておいて損はないと思いますよ~

 

 

 

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ボリンジャーバンド

 

この手法も前回の移動平均線と同様に使用している人が多く、少なからず相場に影響をもたらします。

これは、確率、統計、標準偏差を用いた分析なのですが、チャート昨日が優れた会社であれば、普通に表示させることができるので、これらの計算方法などは説明しません。

てか、それは俺もよくわかりません。。。

なので、表示させたあとの段階、つまり図の見方のみを説明いたします。

下の図を見てください。

ボリンジャーバンドのチャート

 

真ん中の水色の線が移動平均線です。

水色の上下にある緑色の線が±1σ

の上下にある黄色の線が±2σ

黄色の上下にある紫の線が±3σ

です。カラフル過ぎて見えにくかったらごめんなさい。

 

これらの線は、すべてが抵抗線・サポート線であり、

「-1σ」~「+1σ」の間に値が存在する確率は68.3%


「-2σ」~「+2σ」の間に値が存在する確率は95.5%


「-3σ」~「+3σ」の間に値が存在する確率は99.7%

となります。

 

ただ、レートが収束(幅がどんどん狭まる)した時は、大きく動く前兆の可能性があるため注意しなければならない。

また、並行になっている場合は、ボックス相場を形成する可能性が高いため、それに見合った対処方法を考えてください。

すなわち、 ±3σよりも上にいったり下にいったりする確率はほぼ無いに等しく、±2σの上下に行く確率もかなり低いため、この値の時が、買い時、売り時になります。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

移動平均線

 

久々のチャートの解析です。

今回は移動平均線について説明します。

一般的にチャートには長期と短期の2種類の移動平均線が表示される。

  • 長期移動平均線は、週足では26週線、日足では25日線、日中足では4時間線を示すことが多い。
  • 短期移動平均線は、週足では13週線、日足では5日線、日中足では1時間線を示すことが多い。

特に長期移動平均線は、株価のトレンド(基調)を暗示する場合が多く、これが上を向いているか、下を向いているかを見るだけで、株価の今後の変動を予測することが可能である。

(wikipediaより引用)

 

このように、移動平均線では単体でトレンドの把握も可能なのですが、、、、

・短期移動平均線ではレートに敏感に反応するが、だましが生じやすい

・長期移動平均線ではシグナルが遅れるため、短期の取引には向かない

 

という要素があるため単体で見るのではなく2つを複合して考えましょう。

 

上記の図は株価のチャートの図(パクリ)ですが、オレンジが長期移動平均線緑が短期移動平均線です。

 

ゴールデンクロス・デッドクロス

ちょっと見えにくいかもしれませんが、上の図で2つの線が交差している点があります。

短期移動平均線長期移動平均線下から上に突き抜けた場合をゴールデンクロスと言い、買いサインです。

短期移動平均線長期移動平均線上から下に突き抜けた場合をデッドクロスと言い、売りサインです。

基本的にはこの2つを押さえておけば大丈夫だと思います。

なぜなら、この分析方法は様々なトレダーが使用している方法なので、それだけで相場を動かす力があるからです。

 

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。