カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「ファンダメンタル分析 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ファンダメンタル分析まとめ

 

ちょっと説明が足りない気がしますが、主要通貨(ドルユーロ)の指標と重要人物と政策金利については軽く書いたので、とりあえずまとめです。後で書き直す・・・・というか書き足す予定なので、かなり適当デス。。。

 

重要人物

バーナンキFRB議長ドルの政策金利の発表などをする人
トリシェECB総裁ユーロ関係の最重要人物
ポールソン米財務長官アメリカ人
白川日銀総裁を司る人

 

各国の重要指標と政策金利

アメリカ
ユーロ
日本

 

スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ユーロの重要指標と金利政策

 

重要指標

なんでか知らないけど、ユーロ圏の中ではドイツの指標がかなり重要視されていますので、指標に関してはドイツを見るのが、相場を予想する上では重要ですね。

指標発表元発表時間
政策金利発表ECB上旬~中旬
GDPEU統計局?中旬
IFO景況指数ドイツIFO経済研究所中旬

 

金融政策

ECBが開催するECB政策理事会で決定されます。

毎月第1・3木曜に開かれます。

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

日本の重要指標と金利政策

 

重要指標

日本の指標は基本的にはあまり市場を与えないので、必ず押さえておくのは以下の3つで十分です。

指標発表元発表時期
GDP内閣府各月中旬
日銀短観日本銀行4,7,10,12月
消費者物価指数総務省月の最後の金曜

 

金融政策

日本銀行の金融政策決定会合は毎月2回行われ、翌営業日に基本方針が公表され、総裁の記者会見があります。

また、4月と10月には経済・物価情勢の展望が公表されます。

 

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

アメリカの重要指標と金利政策

重要指標

指標発表元発表時期
雇用統計米労働省第一週金曜
消費者物価指数米労働省中旬
生産者物価指数米労働省中旬
小売売上高商務省第2週
GDP商務省下旬
貿易収支商務省20日前後
対米証券投資財務省中旬

 

金利政策

FRBによるFOMCで、短期金利の指標であるFF金利が決定されます。

FOMCは約6週間間隔で開催され、FOMCの3週間後に議事録が公表されます。

金利は相場に多大な影響を与えますし、サプライズになることが多いので、注目です!!!

 

 

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ブッシュ米大統領

この人は説明する必要もないくらい有名な人ですが、クリントンの前の大統領だったブッシュの子供です。家柄がよくて、地盤もしっかりして、親の七光りで大統領になった人です。。。。。

ごめんなさい。ただの嫉妬ですwww



で、あまり頻繁にあるわけではないのですが、ブッシュ米大統領が大々的に声明を出す時はやはり注目しなくてはなりません。

特に、雇用GDP物価などの財政的な話ををブッシュ米大統領自ら発言したときには相場はかなり動きます。

普段はあまり気にしなくてもいいのですが、ニュースなどで、声明の予告みたいなのがあった時には注目してください。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。